みにつく情報館24

旬なニュース、英語学習、会計・金融情報から雑学まで、人生を豊かにするお役立ち情報を配信

健康 生活 英語学習

【ホンマでっか】運動前のストレッチ方法・子供の教育方法の見直しを!

投稿日:2017-08-24 更新日:

8月23日放送のホンマでっかtv より、良かれと思ってやっていたことが実は真逆の効果?というホンマでっか情報をレポート。


気になったものをまとめてみました。

怪我の予防に、運動前のストレッチは意味がない

ストレッチ中伸ばしすぎると筋肉がたるみ緩んでしまう!?

みなさん、運動前にはストレッチをして体をならしてケガを予防しようとしますよね?しかし、45秒以上ストレッチしてしまうと、筋肉がたるみすぎて、筋肉が間接を保護する役割を果たせなくなり、ストレッチが怪我の予防に役立たなくなってしまうんだとか。要注意ですね!なお、15秒など短時間のストレッチは体の動きが良くなります。

ストレッチを長くしすぎることの一番の問題は、力が出なくなってしまうということです。瞬間的に力を出す必要があるときに筋肉がたるんでしまっていると、筋肉が本来の力を出すという役割を果たせなくなってしまい、パフォーマンスが下がってしまいます。この点、サッカーの準備運動などで行われている、ブラジル体操は動的ストレッチを取り入れることで、短い時間でのストレッチとなり、運動前のストレッチとして、筋肉に対してちょうど良い効果があるといえます。

なお寝る前や運動後のストレッチは、長い間筋肉を伸ばしても問題ありません。

 

ストレッチ体操は脳機能の向上に意味がない!

脳科学の澤口先生によると、脳機能向上に効果があるのはジョギングなどの有酸素運動のみで、ストレッチ体操は有酸素運動ではないため意味がないということです。ストレッチはアタマにはあまり効果がないんですね、あくまでも、体のためということで割り切ってやるのが吉ですね。

 

子供を意味なく甘やかすのはよくない!

子供はむやみやたらと褒めまくるのではなく、頑張ったから褒められる、悪いことをしたから怒られるという、いわゆる随意性を備えられるように教育すべきなんです。親に甘やかされて育つと、認められているかどうか不安で非行に走ってしまうという理屈なんですね。

子供の頃にこの随意性をしっかり教え込んで、悪い時は悪いとしっかり叱り、頑張っと時は頑張ったね、と褒めてあげることが、子供の教育には大切なんですね。

 

脳科学的に幼児期の学習はほとんど意味がない!

子供は3歳までに決まってしまうという、いわゆる3歳神話は全くの嘘。例えば3歳までに英語教育をしないといけない、などといった逸話もってのほか、全く根拠がないのです。

ポイントは脳の成長に応じた段階的な教育をすること

まずは、3歳ぐらいまでにしっかりと、集団生活の中で気持ちをコントロールする術を教えておく必要があります。そうしておかないと、それ以降感情をコントロールできない人間に育ってしまいます。逆に漢字や英語などの高等教育を3歳までの子供にしたところで全くなんの意味もなく、逆に感情をコントロールできないキレやすい子供になってしまっては、元も子もないわけです。

それができ、一人前の社会性を持った人としてはじめて、読み書きを中心とした学問を収めていくことができるんですね。いやぁ、ごもっともなはなしです。

早起きは体に悪いのでやめた方が良い

これは、正直意外でした。自分は夜型なので、少しほっとした面もありましたが。

例えば早起きしてラジオ体操をすると早死にするとのデータがあり、早朝6時前に起床する65歳以上の人は、そうでない人に比べ脳血管系疾患や心臓病になる確率が約4割高いそうです。

パソコンのパスワード頻繁に変更するのは無意味

アメリカの調査会社の調査結果からは、セキュリティー規則に従って、パソコンのパスワードを頻繁に変更したところで、ネット犯罪の被害に遭う確率は変わらないという結論が出ています。つまり、頻繁にパスワードを変更するのは、ただの時間の無駄なんです!

まとめ

いかがでしたか?昔から信じている事が間違っているといのは、本当に恐ろしいことですよね。今一度、最新の研究結果をもとに、自らの行動を見直してみようと思う今日この頃です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-健康, 生活, 英語学習
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【本音ではしご酒】吹越満・広田レオナ元夫妻、片岡鶴太郎が告白

8月18日放送の「ダウンタウンなう、本音ではしご酒」のコーナー。吹越満と広田レオナ元夫婦が真相を語り、片岡鶴太郎さんがまさかのカミングアウトをしました。

海外トップMBA合格のための英語学習 – TOEFL各セクションの概要(Writing)

これまで、TOEFLテストの概要に始まり、リーディング・リスニング・スピーキングとその難しさの原因について解説してきました。いよいよ最後のセクションであるライティングです。日本人は、日本の英語学習の影 …

海外トップMBA合格のための英語学習 – TOEICの利用価値

前回の記事では、TOEICの運営会社であるETSから公表されている、TOEICのスコアと英語運用能力の対応関係について見ていきました。どうやら、その対応関係は的を得てなさそうだ、というのが私見でした。 …

海外トップMBA合格のための英語学習 – TOEFLの難易度

前回は、海外留学に必ず必要となるTOEFLの概要について見ていきました。今回は、TOEFLの難易度について解説していきたい思います。 目次1 1. 受験料とサンプル問題2 2. どのくらい大変?難易度 …

【ガイアの夜明け】デキる管理職必見!ワーキングマザーを体験せよ!

8月29日放送の「ガイアの夜明け」。これからの管理職に必要な部下との接し方としてワーキングマザーの従業員との関わり方をリポート。

サイト管理者のSKです。日本の公認会計士。海外MBA留学の経験から、英語学習法や会計・金融情報についても独自視点で配信。