みにつく情報館24

旬なニュース、英語学習、会計・金融情報から雑学まで、人生を豊かにするお役立ち情報を配信

MBA TOEFL 英語学習

海外トップMBA合格のための英語学習 – TOEFLの難易度

投稿日:

前回は、海外留学に必ず必要となるTOEFLの概要について見ていきました。今回は、TOEFLの難易度について解説していきたい思います。

1. 受験料とサンプル問題

世界標準の英語運用能力テストであるTOEFL。果たしてどれだけ難しいんでしょうか。一番手取り早いのは、一度受けてみることでしょう。百聞は一見にしかず、百見は一験にしかず、です。

とはいえ、受験料は一回なんとUS$235(25,000円)ですから、お試し受験もためらわれますよね。私が受けていた時は$160くらいだったような記憶がありますので、かなり値上げがなされたんですね。ETSは恐ろしくビジネスセンスがいいのかもしれません。なお、ETSはTOEICの運営会社でもあります。

お試し受験が高すぎる!という方は、ETSから公表されているTOEFLサンプルテスト、TOEFL公式問題集などを利用してイメージを掴んでみるのも良いと思います。ただし、この場合はスピーキングやライティングのスコアが出ないので、やはり実際に受験するのが、自分の立ち位置を知る最良の方法だと思います。


2. どのくらい大変?難易度は?

さて肝心の難易度ですが、TOEICに慣れているほとんどの純ドメ日本人の方にとっては、かなり難しい試験であるといえるでしょう。例えば、TOEIC800点くらいの方が事前準備せずに受けたとすると、120点満点中、60-70点程度になると思われます。公式にTOEICとTOEFLのスコア換算表なるものが公表されていますが、全くアテになりません。あれは純ドメが作ったものではなく、ネイティヴが何となく作ったものではないでしょうか。しっかり受験者の実績データから解析すれば、異なる換算表が出来上がるハズです。

2.1 日本の英語教育のマズさ

難易度が高い理由として、全てのセクションにおいて、日本の英語学習方法が全く機能しないという点が挙げられます。

日本はその独特の英語学習法開発の歴史から、文法と読解力に力点を置きすぎたため、英語を使うという視点が欠けています。そのため、悲しいことに、日本の英語教育のみで学習してきた純ドメの日本人は、TOEFLのような本格的な運用能力テストには太刀打ちできないのが実情なのです。

2.2 集中力のキープが大変

TOEFLの試験時間は4時間半(途中の10分休憩含む)です。なんとTOEICテストの2倍以上なんですね。しかも難易度はTOEICよりもはるかに上。となると、英語に相当の耐性がない限り、集中力を維持するのはほぼ不可能となります。初受験でTOEIC800点くらいのかたであれば、Readingセクション(60~80分)あたりまでは集中できたとしても、Listeningの途中でバテてしまうのではないでしょうか。

2.3 100点(120点満点中)は夢のまた夢?

多くのMBA受験において、TOEFL100点を取得していなければ書類審査でほぼ落とされてしまうのが現状です(トップMBAは105点またはそれ以上)。いわゆる暗黙のボーダーラインですね。

しかし上記を踏まえると、TOEFLで8割以上である100点を目指すなど、ほど遠い夢であるように感じてしまいますよね。でも、ご安心してください。純ドメの日本人の方でもTOEFLを攻略し、目標スコアを取ることができます。かくいう私も、一年程度でスコアを大幅に伸ばし最終的にはボーダーの105点以上を取って無事、海外トップMBAに留学することができましたので。

次回以降は、各セクションの概要と難しい点について解説してみたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-MBA, TOEFL, 英語学習
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外トップMBA合格のための英語学習 – TOEFLテスト概要

これまでは、海外トップMBAを目指す方々や、海外での活躍を目指す純ドメ日本人の方々を念頭に、TOEICスコアに固執することの危険性について話させていただきましました。 今回と次回は、海外留学において提 …

【2020年最新版】海外MBAランキング!どのビジネススクールを選ぶ!?

MBAのランキングについて掲載したいと思います。日本では、そもそも国内MBA自体が転職マーケットでそれほど評価されていないため、ランキング自体あまり議論されることがありませんが、海外では事情が異なりま …

【マツコ会議】3ヶ月で英語が話せる!スパルタ英会話教室

今回は、8月5日放送の「マツコ会議」で紹介されていたスパルタ英会話教室のレポートです。 「3ヶ月で英語が話せる」という、うたい文句ですが果たしてどのようなトレーニング方法を使って英語を教えているのでし …

TOEICの代用となるか!?CASECテストの概要

本日は、最近企業などで導入が進んできた英語テストCASECについて、簡単にまとめてみたいと思います。

CASEC(キャセック)で高得点を叩き出す方法【900点代筆者が解説】

本日は、TOEICの代用として企業等で導入が始まっているCASECテストで、どうやれば高得点を出せるのかについて、CASECの特徴を踏まえつつ、分析してみたいと思います。最近では、社内の昇格基準に採用 …

サイト管理者のSKです。日本の公認会計士。海外MBA留学の経験から、英語学習法や会計・金融情報についても独自視点で配信。