みにつく情報館24

旬なニュース、英語学習、会計・金融情報から雑学まで、人生を豊かにするお役立ち情報を配信

健康 芸能

【本音ではしご酒】吹越満・広田レオナ元夫妻、片岡鶴太郎が告白

投稿日:2017-08-19 更新日:

8月18日放送の「ダウンタウンなう、本音ではしご酒」のコーナー。吹越満と広田レオナ元夫婦が真相を語り、片岡鶴太郎さんがまさかのカミングアウトをしました。

まずは吹越満、広田レオナ元夫婦から。

今だから語れる離婚の真相

離婚の原因として、二人の認識が全く異なっていたことが発覚。結局、広田レオナさんが疑っている通り旦那の吹越さんの浮気が原因なのではないかということです。やはり舞台俳優さんとしては、舞台女優と浮気してしまいがちなんでしょうか?

吹越さんとの離婚後2012年に、広田レオナさんは娘の受験のために2度目の結婚をします。しかし、4年後に再び離婚。結局は娘の受験のための偽装結婚だったのではないかとメンバーから突っ込まれていました。

再婚の可能性は?

結局2人の再婚はあるのでしょうか?吹越満つるさんは3度目の結婚はないと断言。吹越さんとしてはもうトラウマなんで二度と結婚はしたくないという気持ちです。

一方、広田レオナさんは60歳で熱愛の末、再婚してもいいかなというご意見です。というのも、広田さんは元旦那の吹越さんに対して肉親と同じ感情が生まれたとのこと。結婚も悪くないんだのかもしれないと考えていらっしゃるのでしょうか。

 

続いて片岡鶴太郎さん登場。

片岡鶴太郎さんのヨガ

鶴太郎さんにとってヨガというのは禁欲ではなく、一種の快楽なんだとか。ここまで来るともはや凡人にはわからない世界ですよね。
例えば、断食の末の空腹の胃にお酒が染み渡るその快感がたまらないのだとか。

生活スタイル
なんと毎朝1時に起床して午前5時まで4時間ずっとヨガをしているこの生活を5年間も続けているそうです。これが実はとても充実していて、また、とても忙しい時間帯だそうです。ヨガ用語でナウリという、ヨガ最高の内臓浄化法
動作だそうですが、日本人でナウリをできる人はほとんどいないそうです。
この生活スタイルの結果現在の体重は43キロ。細すぎますね。。。

鶴太郎さん実は既に離婚していた!

そんな生活スタイルに奥さんはついていけたのでしょうか?ここで実は鶴太郎さんからぶっとびのカミングアウト。お酒を飲みながらカミングアウトすることではないと思うんですが、実は鶴太郎さん、すでに今年の3月に離婚していたとのことです。

鶴太郎さんの離婚原因とは?

結婚38年目で突然の離婚、一体何があったのでしょうか。鶴太郎さん29歳の時、仕事のために勉強部屋と称して部屋を借りていましたが、その部屋がアトリエのようにどんどん拡大していき、結局それが別居状態につながったそうです。
30年たった今、じゃこれからみんなで一緒に住むかということになるとさすがにそれはどうだろう?ということになり、還暦を迎える手前から夫婦で第2の人生について考えるようになり、この3月の離婚に至ったとのことです。

まとめ

今回の本音ではしご酒は結果として2組の離婚について語られました。第2の人生に対する考え方は人それぞれですが、皆さんも今一度結婚と離婚について考えてみてくださいね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-健康, 芸能
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【王様のブランチ】神保町 体の芯から温まろう!厳選ヘルシーカレー

11月12日放送の王様のブランチより、カレー激戦区神保町で人気のボリューム&ヘルシーカレーが特集されていましたので早速リポートさせていただきます!

【本音ではしご酒】橋本環奈とデートなう!流行りのワードウルフって?

8月25日放送の本音ではしご酒。本日は、俳優の渡部篤郎さんと橋本環奈が登場!

【ホンマでっか】運動前のストレッチ方法・子供の教育方法の見直しを!

8月23日放送のホンマでっかtv より、良かれと思ってやっていたことが実は真逆の効果?というホンマでっか情報をレポート。

【本音ではしご酒】勝地涼の彼女とは!?小栗旬とガチ喧嘩?

9月20日放送の「ダウンタウンなう。本音ではしご酒」より、今をときめく俳優勝地涼さんとのトークをリポートします。

【あさイチ】夏にピッタリ!芦田愛菜さんのイチオシ本

7月28日放送「あさイチ」特選!エンタのコーナー。 今年度より都内有名私立中学に進学し、芸能・勉学の二刀流をこなされている芦田愛菜さんから、夏にピッタリの推薦書籍がご紹介されましたので、記録しておきま …

サイト管理者のSKです。日本の公認会計士。海外MBA留学の経験から、英語学習法や会計・金融情報についても独自視点で配信。