みにつく情報館24

旬なニュース、英語学習、会計・金融情報から雑学まで、人生を豊かにするお役立ち情報を配信

MBA ビジネス 英語学習

【2020年最新版】海外MBAランキング!どのビジネススクールを選ぶ!?

投稿日:

MBAのランキングについて掲載したいと思います。日本では、そもそも国内MBA自体が転職マーケットでそれほど評価されていないため、ランキング自体あまり議論されることがありませんが、海外では事情が異なります。

なぜ海外MBAランキングが重要?

世界のトップエリート達が、合計約1500万円(多くのアメリカ2年制MBA)という高い授業料を払ってまで、こぞって有名大学のMBAを取得しにいくメインの理由はただ一つ、「卒業後に稼ぐため」です。そして、卒業後に「稼ぐ」ルートのメインが、Apple, Amazon, GoogleといったIT系のグローバル企業や、Mckinsey, BCG, Bainといった戦略コンサルファーム、Goldman Sachs, JP Morganといった投資銀行、などのいわゆる超エリート企業に就職することなんです。

もちろん、昨今では卒業後(又は在学中)に起業・共同経営したり、ベンチャー企業に就職するケースも多くなってきていますが、いまだMBA卒業生の間では、上記のような企業への就職人気は根強いです。

そして、その就職活動に大きく影響するのが、グローバルMBAランキングというわけなんです。もう少し詳しくいうと、これまでの卒業生の就職実績が良ければ、有名企業で活躍するOB/OGの数が多くなり、また就職結果が良くなり、ランキングが上がる、という循環があります。(その逆もしかり)

よって、海外のMBAスクールは、自校のランキングをかなり重視しており、いかにランキングを上げて、将来有望なMBA生を惹きつけるかを熟考しています。

過去のランキングを見ればわかるとおり、トップ10内の大学は常連で、すでにブランド構築済みとみれるので、それほどランキングは気にしていません。しかし、MBAとしては後発のMBA(アジア系MBA)などは、ランキングを上げることに必死になっていると思われます。

ランキング方法の違い

海外MBAのランキングを見る際には、出版社によってランキング方法が大きく異なるという点にご留意ください。例えば、下記ランキングにあるとおり、ファイナンシャルタイムズとエコノミストでは、トップ30の海外MBAランキングが大きく異なっています。理由としては、ファイナンシャルタイムズは比較的、卒業後の給料上昇率を重視しており、結果としてアジア系MBAが上位に出てくる傾向があると考えられます。

こうして見てみると、やはり海外のトップMBAは、まだまだアメリカが過半数を占めているんですね。古い学校では150年を超える歴史があり、そこで培われ国内でブラッシュアップされ続けてきた手法には、安定感があるということでしょうか。

 

下記が、最新のランキングになります。ビジネススクール選択のご参考にどうぞ。

(ファイナンシャル・タイムズ)出所:Financial Times Global MBA Ranking 2020

順位 ビジネススクール名 所在国
1 ハーバード・ビジネス・スクール アメリカ
2 ペンシルベニア大学 ウォートン アメリカ
3 スタンフォードGSB アメリカ
4 インシアド(INSEAD) フランス/シンガポール
5 CEIBS(中欧国際工商学院) 中国
6 マサチューセッツ工科大学(MIT) スローン アメリカ
7 ロンドンビジネススクール(LBS) イギリス
8 コロンビアビジネススクール アメリカ
9 HEC(アッシュ・ウ・セ) パリ(フランス)
10 シカゴ大学 ブース アメリカ
11 ノースウェスタン大学 ケロッグ アメリカ
12 カリフォルニア大学 バークレー校 ハース アメリカ
13 IESEビジネススクール スペイン
14 イェール大学経営大学院 アメリカ
15 シンガポール国立大学(NUS)ビジネススクール シンガポール
16 ダートマス大学 タック アメリカ
16 デューク大学 フクア アメリカ
18 ヴァージニア大学 ダーデン アメリカ
19 ケンブリッジ大学 ジャッジ イギリス
19 香港科技大学(HKUST)ビジネススクール 中国・香港
21 オックスフォード大学 サイード イギリス
22 ニューヨーク大学 スターン アメリカ
23 コーネル大学 ジョンソン アメリカ
24 ESADEビジネススクール スペイン
25 IMD スイス
25 カリフォルニア大学 ロサンゼルス校 アンダーソン アメリカ
27 インド経営大学院 アーメダバード校 インド
28 インド・スクール・オブ・ビジネス インド
29 SDA ボッコーニ イタリア
30 ミシガン大学 ロス アメリカ

(エコノミスト 2019年版)出所:Economist 2019 Full time MBA Ranking

順位 ビジネススクール名 所在国
1 シカゴ大学 ブース アメリカ
2 ハーバード・ビジネス・スクール アメリカ
3 HEC(アッシュ・ウ・セ) パリ(フランス)
4 ノースウェスタン大学 ケロッグ アメリカ
5 ペンシルベニア大学 ウォートン アメリカ
6 カリフォルニア大学 ロサンゼルス校 アンダーソン アメリカ
7 カリフォルニア大学 バークレー校 ハース アメリカ
8 スタンフォードGSB アメリカ
9 ミシガン大学 ロス アメリカ
10 IESEビジネススクール スペイン
11 デューク大学 フクア アメリカ
12 ダートマス大学 タック アメリカ
13 SDA ボッコーニ イタリア
14 コーネル大学 ジョンソン アメリカ
15 コロンビアビジネススクール アメリカ
16 ヴァージニア大学 ダーデン アメリカ
17 ニューヨーク大学 スターン アメリカ
18 南カリフォルニア大学 マーシャル アメリカ
19 マサチューセッツ工科大学(MIT) スローン アメリカ
20 ワシントン大学 フォスター アメリカ
21 イェール大学経営大学院 アメリカ
22 インシアド(INSEAD) フランス/シンガポール
23 ジョージア工科大学 シェラー アメリカ
24 ウォーウィック大学 ウォーウィック アメリカ
25 ロンドンビジネススクール(LBS) イギリス
26 テキサス大学オースティン マコームス アメリカ
27 エモリー大学 ゴイズエタ アメリカ
28 メルボルン大学 メルボルン オーストラリア
29 ヴァンダービルド大学 オーウェン アメリカ
30 フロリダ大学 ワリントン アメリカ
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-MBA, ビジネス, 英語学習
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

CASEC(キャセック)で高得点を叩き出す方法【900点代筆者が解説】

本日は、TOEICの代用として企業等で導入が始まっているCASECテストで、どうやれば高得点を出せるのかについて、CASECの特徴を踏まえつつ、分析してみたいと思います。最近では、社内の昇格基準に採用 …

【カンブリア宮殿】住みたい街ランク急上昇!東京・赤羽 城北信用金庫とは?

8月3日放送の「カンブリア宮殿」にて、東京・赤羽の信用金庫の特集がありました。最近ひそかに話題となっている赤羽。その様々な魅力をバックアップする存在である、城北信用金庫に密着取材されていました。 なん …

海外トップMBA合格のための英語学習 – TOEFL各セクションの概要(Writing)

これまで、TOEFLテストの概要に始まり、リーディング・リスニング・スピーキングとその難しさの原因について解説してきました。いよいよ最後のセクションであるライティングです。日本人は、日本の英語学習の影 …

【マツコ会議】3ヶ月で英語が話せる!スパルタ英会話教室

今回は、8月5日放送の「マツコ会議」で紹介されていたスパルタ英会話教室のレポートです。 「3ヶ月で英語が話せる」という、うたい文句ですが果たしてどのようなトレーニング方法を使って英語を教えているのでし …

【ガイアの夜明け】デキる管理職必見!ワーキングマザーを体験せよ!

8月29日放送の「ガイアの夜明け」。これからの管理職に必要な部下との接し方としてワーキングマザーの従業員との関わり方をリポート。

サイト管理者のSKです。日本の公認会計士。海外MBA留学の経験から、英語学習法や会計・金融情報についても独自視点で配信。